サイトメニュー

支給の可否にかかわること

品川精神科 障害年金は、初診日主義というものがあり、これを確定できるかがその後の手続きに大きくかかわってきます。これは、震災の際に、うつ病による初診日時点でのカルテに基づく診断書が必要なことなども関係しています。

詳しく見る

精神病になった時の対応

看護師 心の病になると仕事をするのも難しくなりますが、そういう時は障害年金を利用すると資金を得られるので安心です。うつ病になった時に障害年金を使う場合は、等級認定で高く評価されるように工夫する必要があります。

詳しく見る

経済的自立に向けて

頭を抱える女性 うつ病を発症し、社会復帰するまでの道のりはそう簡単なものではありません。そのため、経済的自立を目指すためにも、障害年金の受給を検討することが大事です。また、カルテの有無を事前に調べておくとスムーズです。

詳しく見る

年金の受給対象の病気です

医者と看護師 うつ病が原因で、長期間の入院が必要になったり、日常生活や就労などに支障が出ている場合は、障害年金が支給されることもあります。障害年金の申請をするためには、医師の診断書や病歴、就労状況申告書などの提出が必要です。

詳しく見る

精神疾患も受給請求対象

看護師

金銭的な不安を減らして症状に合った治療を

仕事に従事できないほどうつ病が重くても、障害年金を受給できれば金銭的な不安は減らせます。ですがうつ病は元々不安感が生じやすい疾病のため、その症状が強い場合、精神科では抗不安薬を処方するのが一般的です。この薬を飲めば焦燥感なども含めて、理由のない不安感を低減できるようになっています。また、抑うつ症状には抗うつ剤が処方され、これを服用すれば意欲をはじめ、失われた好奇心なども回復に向かうのが一般的です。さらに、うつ病の発症中は睡眠障害に悩む人も多く、床に就いても一向に眠れない場合や、極端に早い時間に起きてしまうケースも少なくありません。精神科ではその症状に対して睡眠薬のほか、四環系の抗うつ薬を処方するケースが多々あります。この薬は三環系の副作用を下げることを目的に考案された抗うつ剤ですが、深い睡眠を促す作用を持つことから、睡眠薬の代わりに活用される場合があるのです。そのほか、うつ病の改善には精神療法も効果的となっており、認知行動療法ではマイナスに傾く思考を健全な方向へと修正できます。治療は精神科医やカウンセラーなどと対面で行い、自分の思考パターンを分析して問題点を見つけ、物ごとを後ろ向きに考えない術を学べるのが特徴です。精神療法は健康保険の適用外となる場合も多いのですが、障害年金を得て資金に余力があれば受けておくと良いでしょう。

身体面に症状が出ず、不安や落ち込みなど、精神面にのみ症状が現れるのも、うつ病ならではの症状です。そのため辛さや苦しさなどは本人しか分からず、他人では判別できないといった特性を持っています。ただし、うつ病は腹痛や頭痛のみならず、腰痛といった身体疾患を引き起こすケースも珍しくなく、中には精神症状より身体症状の方が際立つ種別もあるのです。それが仮面うつ病であり、根幹は精神にありながら、体の不快症状の方が格段に大きいため、精神科ではなく普通の内科を受診する人が後を絶ちません。ですが原因が精神にあることから普通の内科で治療しても改善効果が薄く、精神科を受診する頃には症状が進んでいることも多い種別です。それ以外にも特徴的な種別には双極性障害があり、この疾病では抑うつ気分とアグレッシブな精神状態が代わりばんこに現れます。そして何れのうつ病の場合も、その初診日から1年半を過ぎており、手続き後に承認されると受給できるのが障害年金です。老齢年金がもらえる年齢に達していなくても受け取ることができ、うつ病を患って仕事や普段の生活に一定以上の支障が出ていればもらえる年金となっています。障害年金の請求では初診日の確定と精神科医などの診断書が不可欠であり、もらえる額面は審査によって決定した等級により異なるのも特色です。