サイトメニュー

年金の受給対象の病気です

医者と看護師

手続きの代行は社会保険労務士に依頼できる

うつ病は環境の変化や、配偶者や身内との生死別などが原因で、大きなストレスが掛かり、気分の落ち込みや抑うつ、気力の減退などが起こる病気です。うつ病の症状が重く、治療が長引いてしまうと就労が出来なくなり、経済的な不安を感じている人が少なくありません。うつ病は障害年金の対象になっている病気なので、一定の条件を満たしている場合は受給が出来ます。自分だけで申請の手続きをするのは、煩雑なので時間や労力が掛かってしまいます。信頼できる社会保険労務士などに相談をしてみると良いでしょう。障害年金の申請をするためには、医師の診断書が必要です。病歴や就労状況申告書などの提出も必要です。障害年金は重い順番から、一級、2級、3級があります。年金の受給が受けられるのは、1級と2級になります。障害年金を受給するためには、初診の日に厚生年金や国民年金保険に加入をしており、保険料を一定期間納めていることが条件になります。保険料が未納になっている場合は、症状が重くても受給は出来ないので注意をして下さい。入浴や洗面、着替え、食事などに介助が必要だったり、お金の管理をしたり、洗濯や食事の支度が出来ない、長期間の入院をしており、人の介助が必要な場合は受給が出来ることが多いです。

障害年金を受給するためには、日本年金機構が定めている一定の条件を満たしている必要があります。精神症状が重く、日常生活や社会生活に支障をきたしている場合は、申請の手続きを検討してみると良いでしょう。うつ病は内服薬やカウンセリングを受けることで、少しずつ回復してきますが、人によっても個人差があります。日常生活は行えるけれど、うつ病の症状が原因で就労に制限を受けている場合は、障害年金2級が受給できる可能性があります。入院をしている期間や、デイサービスの利用状況、服薬の管理が出来るかなども審査の基準になります。申請をすると受給が出来るのではなく、一定の審査基準を満たしている必要があります。自分で手続きをするのが難しい場合は、社会保険労務士が代行をしてくれるので、まずは相談をしてみると良いでしょう。うつ病は良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気なので、症状がなかなか回復しないと、あせりや不安を感じている人がほとんどです。障害年金の3級は、日常生活や身の回りの衛生を保つことは出来るけれど、集団生活をしたり、就労などに制限を受けたりしている状態です。年金の支給はされませんが、認定されると手帳を発行してもらうことが出来ます。